市民公開講座 その2

先日酪農学園大学の市民公開講座を聞いてきた。

先月行ったのはその1で、今回はその2なのだ。

2部構成になっているのだけど、
まずは 【中齢から高齢犬で多くみられる疾患】

毎年1回のワクチンで予防する感染症(ジステンパー、パルボ、アデノウイルス等)
のお話のあとに、
近年動物が掛かる病気

・がん
・免疫疾患
・心臓疾患

の説明があり(20-30年前は感染症が多かった。)

その中でほっほーなるほど・・・と思ったことをメモしてみます。


フィラリア:

蚊が媒介するわけですが、
蚊自体がフィラリアを持っている訳ではなく、
フィラリアに罹っている犬の血を吸って、
別の罹っていない犬をまた刺しに行ったときに移る。

予防薬には3種類あり、
・イベルメクチン ・ミルベマイシン ・モキシデクチン

イベルメクチンはミクロフィラリア保有犬に投与可で、
移ったばかりのフィラリアをやっつける。

他の2種はミクロフィラリア保有犬には投与しない。

ミクロフィラリアを一気に殺すと血管に詰まってしまい、
体がしんどくなる。

このお薬の違いのあたり、違うこと考えててちょっとあやふや。


僧房弁弁膜症:

左心室から左心房へ血液が逆流するのだけど、
5歳以下ではあまり見られないのに、
キャバリアは例外で、
若くして発症することもあるので早くからの検診が肝心。

拡張型心筋症:

心室がどんどん大きくなっていき、心臓の壁が薄くなる。
遺伝的にプログラムされていてドーベルマンや秋田犬などに好発。
または抗がん剤(ドキソルビシン)や猫ならタウリン欠乏、犬ならカルニチンの欠乏で
二次的に発症する。
タウリンやカルニチンはフードで補給することが必要。


移行上皮癌(TCC):

犬の膀胱腫瘍で最も一般的。

血尿→膀胱炎??→抗生物質でちょっと良くなる→また血尿・・・
膀胱炎だと思っていたら実はがんで手遅れになるケースもある。
なので老犬で血尿が出たら検査してがんを疑わなくてはだめ。

何かの症状が出たときに対処療法でその症状を消すのだけど、
それで大元の病気を見逃してしまうという怖い話。


免疫介在性溶血性貧血:

突然貧血が起こり、死亡率50%
突然なるって怖いね。。


人間の場合、抗がん剤は副作用が強く出たりするのだけど、
動物だと人間のように強い副作用が出ることはなくひどくない。
だから割と大丈夫なんだって。
[PR]
# by allie-hina | 2014-07-09 12:00 | 日々のこと

まきまきロール

最近よく見かけるモノ。

e0099693_21382166.jpg


これは専門に牧草を育てているのか、
それとも畑を遊ばせ置くのがもったいないからみたいなことなのかな。


ちょっと車で走ると至る所で巻かれている。

北海道って感じ。



e0099693_21585811.jpg



ここはそこそこのロールが転がっているところ。

多い所はもっとたくさんロールが転がっている。

もう少ししたらこれに白か黒のビニールが巻かれるはず。
そしてどこかの牧場の牛の冬の食料になるのかな。




大きさはどのくらいなのかと近づいてみると、
なかなかに大きい。


e0099693_2211758.jpg


直径2メートルくらいはあるみたい。

そしてこの時点でも外側には細いビニールひもが巻いてあって、
そうだよね、じゃないと纏まらないよね。




この景色を見ると、
お、今年もやってるな!と思う。

しばらく置いておいてほしいのだけど、
気付けば既に撤収されていたりしてちょっと残念なんだよね。



いつかぜひともこれの制作風景を見てみたいな。
[PR]
# by allie-hina | 2014-07-04 22:05 | 日々のこと

借庭

家には庭は無いのだけど、
裏の家の庭を借景のごとく眺めている。

お手入れはあまりしてないらしく、結構ワイルドなんだけど、
春にはお花見できるし、
季節のお花も咲いてるし、
藤棚もあるし生け垣もある。


なので雀は毎日来るし、
名前分かんないけど小鳥も来るし、
猫が散歩してたり蝶もひらりひらりと、
色んな生き物が集うので見ていて楽しい。

この前は黄色い小さな鳥が来ていて、
初めて見たからちょっと感動した。



で、今日の朝また眺めているとネズミを発見!

前にも見たことがあるのだけど、
その時はご自宅に帰る途中を目撃。
後姿だけだった。

が、今日は開けた雑草の草っぱらに大胆にも登場。
なかなかの重量を感じるほどの大きさだった。

トイレットペーパーを縦半分にしたよりは大きいサイズ。



e0099693_22502984.jpg



さすがに野生動物はちょっとやそっとでは見つからない、
もう素晴らしいとしか言いようのない配色です。


さてどこでしょう??


e0099693_2252699.jpg


これで分かるかな?


なかなかに可愛いお顔なのです。
[PR]
# by allie-hina | 2014-06-27 23:00 | 日々のこと

短いけども割と充実

ひなちゃんは短時間で散歩を済ませる。

毎日の散歩は15分くらいの時もあるので、
土日は違う所へ行って、
気分を変えてもう少し歩こうかな作戦を実行する。


e0099693_22334922.jpg


とはいえあまり長くも歩かせられないので、
短いけども滞在時間は長くとしてみる。

外の空気吸わないと。



e0099693_22344546.jpg



この日は夕方出発したので、
公園はもうあまり人はいなかった。

ので、芝生に座って山を眺め、雲を観察し、ひなちゃんの撮影会。

本犬はどうだったかな?
マイナスイオンたくさん吸って気持ち良かったかなぁ。

私は大分満喫したけども。


e0099693_22382972.jpg


最近どうにもおブスに写る確率が高い。

どうしてだろう。

丁度そういうタイミングなのか、
ほんとにおブスに・・・いやいや、
ひなちゃんは現在世界で一番の美人さんなのでそんなはずは・・・



e0099693_22392051.jpg


ないよねー!
[PR]
# by allie-hina | 2014-06-27 22:42 | ひなのこと

再採血

病院の送付ミスにより再度採血へGO!

こっちとしてはほんとの採血だけのつもりで行ったのに、
予想外にレントゲンも取られてしまった。


先日は院長先生が見てくれたのだけど、
今回はいつもの副院長先生で、

思うに、院長の見立てを確認しなくては気が済まないって感じ。


レントゲンで確認したところ、
肺も綺麗だし心臓の大きさも変化なしで、
やはり血液検査実施。

これでどこか異常だったら血液検査はしないでおこうって言ってたのだけど、
結局検査はすることになった。
でしょー?
レントゲン必要だった?




まあ、肺が綺麗なのが確認できたのは良かったのだけど、
予定外にまたお金が掛ったので、
ほんと直に破産するのではないかと思う。



この日は前回同様、またオゾンをお尻から注入してもらった。
どうやら他の患者さんからも好評らしい。

あとまたサプリみたいのを出してもらったのだけど、
これは漢方みたいなものらしい。
何ていう名前なのかは書いていないから不明。

何ていうんだろう。。。
栄養補助食品とは書いているんだけどね。

これ、前は飲んだらいい感じだなーと思ったんだけど、
今回はそんなに変わらないような気がする。
漢方だから徐々に効いてくるかな、
いい感じになればいいんだけど。。。




血液検査の結果はもうじき分かるはずなんだけど、
今度行く時はどれほど呼吸が早いのか、
動画を撮っていらっしゃいと言われている。


でも・・スマホじゃないしデジカメもデジイチかと思うほど大きく古く、
なんか恥ずかしいんだよね。

MYガラケーで撮ると画質が悪くて良く分からんから、
やっぱりデジイチみたいなデジカメで撮影して持っていこう。



ちなみにひなこちゃんの呼吸数は安静時で、
10回・13回・15回/15分 とか。


先生に早いですね、って言われた。
[PR]
# by allie-hina | 2014-06-27 22:31 | ひなのこと

ちょっとだけ

ジェダイ風
e0099693_22101436.jpg

[PR]
# by allie-hina | 2014-06-27 22:11 | ひなのこと

徐々に近づく

ひなちゃんはあんまりこっち(居間)にはいなくて、
向こうのベッドの上に居たりするのだけど、
最近は徐々にこっちに近づくことが多くなってきた。

e0099693_216359.jpg

6月11日


e0099693_2173621.jpg

6月13日

e0099693_218927.jpg

6月18日

e0099693_2183692.jpg

6月18日その2


無理やり捕まえて強引にソファで一緒に寝ても、
しばらくしたら逃げてあっちに行ってしまうし、

ひなちゃんがソファで寛いでいる時に、
横に座るとこれまたちょっと間をおいてから行っちゃうし、

なかなか一緒に居てくれないんだけど、
ちょっとづつこっちに近づいて、
見えるところにいつもいてくれるといいんだけどな。
[PR]
# by allie-hina | 2014-06-19 21:12 | ひなのこと

ひなちゃん病院 6月18日

心臓のお薬を飲む頃からまあ呼吸は荒かったのだけど、
ここ3日ほどそれが酷い様な気がして、
なおかつ何となく元気がない様な気がして、
水曜日に病院へ行ってきた。


お腹を触った感じでは膨れてはいないのだけど、
肺に水がたまってたら大変だし、
寝起きの時だけなのか、
歯茎の色が薄いこともあるので、
心臓の音を聞いてもらおうと思って。



いつもの先生はお休みだったので院長先生だった。

心臓の音は心不全の子のそれなりなのだけど、
やはり呼吸は早いから、
はて、何だろう?と。


熱もない、どこか関節とか痛いわけでもない、室温が高いわけでもない。


分からないので、
心臓から病気の酵素?が出ていないかどうかの検査をすることに。

これはめったにやらないらしく、
東京へ送って鑑定するんだって。

取った血を冷凍保存で航空便で発送。
3日くらいで結果が出る予定。



これでもし良くない結果が出たら大学病院で精密検査をしてもらう。



この日は心臓のサプリみたいなお薬をだしてもらい、
そしてオゾンをお尻から注入した。


このオゾンというのが太っい注射に気体が入っていて、
それをお尻からゆっくり体に送り込むの。

抗酸化作用って言ったと思うけど、
いろいろと体にいいらしい。


どうも試験的に始めてるみたいなことを言っていてタダだった。




オゾンのお蔭かサプリのお蔭か、
この日の夜は前日よりはちょっと調子が良かった。



ほんとは体じゃなくて精神的なものかもしれないなと思いつつ、
まず検査結果待ちなのです。
[PR]
# by allie-hina | 2014-06-19 21:04 | ひなのこと

お腹のよごれ

ひなちゃんのおなかの皮膚が柔らかい部分、
ほんとの真ん中部分に茶色のゴマ粒が出来る。


e0099693_2126173.jpg


皮脂線から出た油が毛に絡まってこんなことになってるのでは?

最初見た時はびっくりして、
あまりにぶわっと広範囲に付いているのでちょっと嫌。

この写真は上が頭の方向。

上に行くに従って少なくなるのだけど、
時々気になるから爪でコシっと取ってみたりする。



前に病院の先生に聞いてみたことがあるのだけど、
その時は、「シャンプーで洗えば取れるよ!」
とだけ言われ原因は聞けず。

これ、フードによって出来たり出来なかったりなんだよね。


しばらく前までは全然なかったけど、
最近またフードを替えたら始まってしまった。

今のフード、あまり良くないのかな?
病院で勧められたのを食べてるのだけど、
ちょっと気になるところだな。




そして雪が解けてからというもの、
足を舐めたりかじったりが多くなってしまい、
毛がすっかり赤くなってしまった。


e0099693_21335674.jpg



毎年雪のない時期はカジカジしちゃうのだけど、
今年はそれプラス暇が原因でなおさらのような気がする。


一度抗生物質飲んで収まったことあるけど、
今は心臓のお薬も飲んでいるので、
お薬を増やしたくないのでひなちゃんにお任せしている。


それにしても結構やっているので、
あまり宜しくないのだけども。
[PR]
# by allie-hina | 2014-06-11 21:37 | ひなのこと

流れ星に願いを

昨日の夜は雲がたくさん出ていたのだけど、
雲の合間に割と大きな綺麗な星が流れた。

お!という間に消えてしまったのだけど、
すかさず願い事。

「うちのひなちゃんが元気で長生きしますように。。。」


若干のアレンジを加えつつ、本名も一応付け足して、
5回くらいお願いした。


少し前まで流れ星にお願いというのは、
流れている間に3回唱えないといけないと思っていた。

そんなの絶対に無理だしーと諦めていたのだけど、
最近何かで見たところによると、
見かけてすぐに唱えればいいらしい。


実際いろんな国とか地方で見解は違うのかもしれないし、
そもそもロマンってところだけど、
自分の都合のいいように解釈することにした。


なにはともあれ、ひなちゃん、長生きするのだぞ!
お顔真っ白になるまで長生きするのだぞ!
[PR]
# by allie-hina | 2014-06-11 15:09 | 日々のこと