<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ひとり暮らしでの犬の看病で困ること(留守番)

先日ちょっとひなちゃんの足を見てもらいに病院へ。

その時、前日に脳梗塞で倒れたというダックスちゃんがいた。


15歳で今までどこも悪くなかったのに、
散歩に出て暫くして突然倒れたそう。

左手は動いてたけど他は動かせないみたいで、
排せつも自力ではダメなんだって。


ダックスちゃんも急に体が動かなくなってびっくりしただろうし、
飼い主さんもびっくりして焦ったことだろう。


流動食の食べさせ方とか説明を受けていたけど、
このままで何年か頑張る子もいれば、
急に力尽きる子もいるという事だった。


その飼い主さんのご婦人はお年寄りで、
詳しくは聞いてないけども、
もしひとり暮らしならば色々と大変なことあるだろうなと思った。

タクシーで帰ってたし。



私もアリーの看病の時、
家を空けることが出来ないので、
親が毎日1時間くらいだけど来てくれたのはとても助かった。
(実家は車で40分くらい)


来てくれている間にひなちゃんの散歩をして、
そして買い物に行ったりした。




大切な先輩が亡くなってお通夜の日も、
その日はアリーはあまり具合が良くなかったし、
実家に連れて行こうかどうしようか凄く困った。

結局親が来てくれて看ててもらった。


近所に頼める人がいればいいのだけど、
私はそういう人がいない。




で、そういう時にお互いに協力し合えるネットワークがあればいいなと思った。


一人暮らしだけどちょっとお願い事ができる人がいない人って、
他にもいるかもしれない。


同じ病院へ通っている人だったら全く信用できないってことは無いと思うし、
住所もそれほど遠くは無いと思うから、
病院つながりで困った時にお願いできるシステムがあればいいな。


ひとりだから気が付かないことも教えあえるかもしれないし、
きっと気持ちは分かるから、
ちょっと自分が弱って来た時救われると思う。
[PR]
by allie-hina | 2014-03-31 12:14 | アリーのこと

ボーイフレンド1号

ひなちゃんのボーイフレンドのひとり、トロちゃん。

e0099693_1059415.jpg


確か7歳。
さすが柴犬らしく、他の人にはあまりお愛想しない。

寡黙なクールガイではあるけれど、
ひなちゃんが遊びに行くと喜んでくれる。


e0099693_10595164.jpg


普段は家の中に居るのだけど、
飼い主のお父さんが外で作業している時には一緒に外に出てて、

その時に通り掛ると挨拶できるという、
タイミング次第の逢瀬なのだ。


たまに散歩中に出会う事はあるのだけど、
そういう時はお互いに嬉しくて急いで近づいて行く。


他の子には吠えることが多いらしいけど、
ひなちゃんのことは気に入ってくれている。


e0099693_1152892.jpg




今月ひなちゃんはヒートだったので、
男の子たちにモテモテだった。


自分からも匂いを頼りに果てしなく歩きまわり、
同じ道を何度も行きたがり、
男の子のところへはグイグイ私を引っ張って突進。

匂いを残してお手紙書いたところは、
全部毎日巡回しないと気が済まなかった模様。

毎日1時間半くらいもさまよっていた。



今までは30分くらいしか歩いてないのに、
3倍も歩くなんてこれは恋の力なのか。


さすがにヒートが終わりになるとそれほど歩かなくてもいいらしいのだけど、
めっきり歩くスピードが落ちてしまい、
それはそれでちょっと心配している。





あとボーイフレンドはふたりいるので、
また後日ご紹介しましょう。
[PR]
by allie-hina | 2014-03-30 11:17 | ひなのこと

10歳の誕生日

3月3日はひなちゃんの誕生日だった。

今年で10歳。人間で言うと56歳になるらしい。

e0099693_10181477.jpg



ひなは小さい頃はたびたび病院のお世話になった。

何故か分からないけど頭を切って2針縫ったり、
何故か分からないけど体にハゲを作ったり、

肉球がガッサガサになって切ってもらったり、
目に白濁が出来たり、


でももう何年も何事もなく元気に過ごしてくれている。

e0099693_10261131.jpg





アリーとは凄く仲良しというわけではなかったけど、
たまにちょっかい出して怒られたり、
何故か怒ってアリーの背中をガウガウしたり、
ふたり並んで同じところをくんくんしたりしていたので、

そんないつも一緒に居たアリーが居なくなってしまったので、
なんだか寂しそうでつまらなそう。



ひなは小さい頃からひとりぼっちで留守番をしたことがないので、
(アリーが病院の時は別だけど)
ひとりで留守番させると思うと凄く心配になる。

ちょっと買い物で家を開けた時も、
帰ってくると凄く吠えて迎えてくれるし、
一人にされたことを怒ってるのかも。


ひなはこれからもっと幸せにしてあげたいなと思う。

とにかく元気で、長生きしてほしい。
そしていつも笑ってくれていれば最高。

e0099693_10342813.jpg

[PR]
by allie-hina | 2014-03-23 10:36 | ひなのこと

夢を見た

アリーがやっと夢に出てきた。


ひなちゃんとふたりで散歩してるんだけど、
住宅街なのに家の前には鳥居があったり、
お寺っぽい雰囲気の彫刻が玄関の周りにあったりで、
いつものご近所ではないけど普通に散歩してる。


そして帰るとこの家ではないけど我が家ってことになってて、
人がたくさん居たみたい。


ふわふわの布団の上にアリーが立ってた。
普通の顔してこっち見てた。


わーアリーだー!!!!

って言って触るとアリーだし
抱っこすると重さも抱き心地も変わらずアリーだった。

凄く嬉しかった。



でもすぐに場面は変わって、
アリーは座ったままでもう動かなくって、
さらに別に棺みたいのが少し離れたところに置いてある。

親戚のおばさんが棺みたいなものの下の引き出しを開けてみて、
「霊感でました。」とかいう。

座ったままのアリーを誰かが顔の周りとか触ったりしてて、
何かおかしいらしく、指で押したりしてる。
顔が安らかではないの。

その親戚のおばさんがアリーの顔を見て、
「恨んでるの?」かなんとか言っている。



そしてアリーが堀北真紀になって私の隣に座ってる。

「ごめんね。」って堀北真紀のアリーが言った。


そんなこと言わないでって思って、
あの日に私が家に居ればよかったのにって謝って、
わんわん泣いていた。




そんな夢を見た。
[PR]
by allie-hina | 2014-03-19 09:20 | アリーのこと