カテゴリ:アリーのこと( 58 )

その後

アリーは全然元気!もちろんぼんちゃんも!

右手の関節のところは徐々に細くなってきて、
左手のところの太さに近づきつつある。


先週末は病院においでって言われてたけど行かなかったんだー。


だってさー、行ったらまたレントゲンだし、
そんなに1カ月・2か月の間に放射線浴びてもいいのか?とか、

本犬は全く痛そうじゃないしちゃんと歩くしね。

アリーが病院ということは、ぼんちゃんが留守番ということで、
それもしばらく回避したいし。


e0099693_21235620.jpg



見たところは実は左に比べると内股過ぎるのは気になるんだけども、

腫れというか、堅いのでタコなのではと思ったりもするのだ。
[PR]
by allie-hina | 2010-04-21 21:33 | アリーのこと

右前足のこと

今日はアリーのレントゲン、2回目の日。

右前足の足首の腫れがどんな按配か確認なのだ。



前の日曜日に行った時は消炎剤を貰って4日飲み、
2日飲まずに今日の撮影に向かった。

その間腫れの具合をメジャーで測ってたんだけど、
最初9センチだったのが→8.5センチ→8センチ と順調に細くなり、
やはりただの打撲だったのでは・・・と思いつつ病院へ。


e0099693_034637.jpg


前回先生に骨の病気かもしれないと脅されたため、
ネットで骨肉腫を検索。

以前に骨折した部位になりやすく、
触ると痛がり、黙ってても相当痛いらしい。

急速に転移が広がりそれは肺へが多いらしい。

切除したとしても1年後の生存率40%、5年後は10% とか。



e0099693_072087.jpg


アリーは数年前に右前足をはく離骨折しているんだけど、
それが正確にどのへんだったかが分からず、

要件にひとつ該当してしまうのでとても焦った。


しかしお薬飲まなくても順調に腫れは小さくなってきてるし、
まずアリーに死相は見えないぞと思って、
いや、大丈夫だ。


と思ってもやっぱり心配で、
今日もレントゲン取った後なかなか呼ばれないし、
呼ばれてそのレントゲン見ながら説明されても、
私が一番心配していることの結論を言わないからドキドキだったのだ。

でもいろいろ聞いた後で「骨肉腫の可能性は消えましたか?」と聞いたところ、
「その可能性はとても低いです。」という事で一安心。


ヤロー!早く言えって! と思ったけど口には出さず、
ちょっと半べそかいてしまった。



e0099693_0122799.jpg



でもまだこの腫れについては終わっておらず、
まだ薬なのだ。


来週は来れますかって聞かれたけど、
さすがにもう来たくなかったのでそれは拒否して、
さ来週にしてもらった。。。。またレントゲン。。。



お薬も2月に手術してからほぼずっと飲んでるので嫌だと言ったんだけど、
軽い消炎剤を1週間分で妥協した。




・・・最初肩では?とか言ってて実は全然肩じゃなくて、
だから先生、引っ込みつかなくなったのでは?

と意地悪な考えも浮かんでしまう。



今も全然普通に歩くし、強く触っても痛くないし、腫れもどんどん引いてるし、
結局原因が分からないから今の時点で出来る予防とかしておいた方がいいんだろうけども、
本当に必要なのだろうか・・・。



e0099693_0173139.jpg



お薬止めてまたびっこになったら今度は鎮静剤を打って骨の組織を採取して検査なんだって。




・・・ただの青タンなのでは。。。。。
[PR]
by allie-hina | 2010-04-04 00:21 | アリーのこと

肩ではないような・・・

---記録として---

月曜日にレーザー治療をして
週2回が望ましいという事で本日また病院へ。

着くとまず歩行チェック。

ショーで歩くみたいにくるくると小さな円を描きながら歩き(外で)
その様子を先生がジーと見ていた。

レーザーの効果はあまりよく分からず、
火曜日も凄くぎこぎこ歩いたり、はたまたいい感じで歩いたりだったけど、
水曜日(今日)はそれほど酷くない。

先生もあまり自信がなさげな雰囲気。


右の肘の外側がぽこっと腫れていそうなのを言うと、
先生は月曜には気が付かなかったらしく、
今日はじっくりと診てくれた。

毛をめくって皮膚を見てみると若干紫色。

打ったのか・・・?



骨の病気かもしれないとかとても怖いことを言って脅される。


結局レントゲンを撮ってみた。

やはり腫れている。



骨は綺麗に写っているので大丈夫そうだけど、
関節を包む袋がどうとか、
そこの液がどうとか説明されたけど、
頭では少しテンパリぎみであまりよく覚えていない。


肩のセンは消えたらしく。。。


今日は消炎剤と整腸剤を貰ってきた。

消炎剤は前に貰ったよりも大きい茶色っぽい粒。



飲んでから夜お散歩行ったらちょっといい感じ。

お薬効いてるのかな。



骨肉腫やら関節の袋のところの肉腫やら、
何だか脅されたけれど、
実はただの打ち身なのじゃないかと疑っている。


私のベッドは窓際に置いていて、
ベッドに上がって窓から外が見えるわけよ。

そこから毎朝学校に向かう小学生やら、通勤のおじさんやらに吠えてるんだけど、
その時に興奮して回った拍子にベッドヘッド(っていう?)にぶつけたとか?


しばらくお薬を飲んで良くなればいいけれど、
あまり改善されないとまたレントゲンなのだ。

腫れ具合も測るようにと。

測るって・・・。


メジャーであの細い腕を測ってみるか。
[PR]
by allie-hina | 2010-03-25 00:23 | アリーのこと

今度は肩なのだ

土曜日の夜から右前足を少し上げ気味で歩くアリー。

あら、また寝てる間にしびれたのかしら?


と呑気にしていたんだけど、

日曜日になっても治らず、更に悪化しているような気がしないでもない。


触ると肘(?)のあたりがちょっと痛そうな・・・。



大丈夫そうなら様子見だなと思っていたけども、
病院行き決定なのだ。


e0099693_21341344.jpg

(気持ち体重を乗せきっていない右前足)

今日、月曜日の朝に良くなっていれば病院いかないけどどうだろう・・


と、淡い期待を持ちつつ起きたけどやはり変らず。




今日は午前中は吹雪いてて、ライトを点けての走行。

病院ばかりに通っているので若干面倒くさいけど仕方あるまい。


てっきり足部分だと思っていたら、どうやら肩だったようだ。

手は付けるから肩関節がゆるくなっているのでは?と。


ゆえに、レーザーなるものを初体験。

暖かくなって血行も良くなるらしい。


今週中にまた行かないといけないんだけど、
家で出来るマッサージとか無いのかねー。



e0099693_21395986.jpg

(多少ショックというか、しょんぼり気味。)



前からこういう症状は実はあって、(しびれてると思ってたけど)
今まではものの3分くらいで回復してたのに今回はどうしたものか。


これからはコンドロイチンとか関節に良いサプリとか取った方がいいということだった。


ちょっと痩せてしまったしね。

ご飯に混ぜる穀類を少し増やそうかなと思うんだ。

五穀米も買ってきたし(十六穀は多すぎるかと思い・・・)



これからもいろいろと気をつけないと!
[PR]
by allie-hina | 2010-03-22 21:47 | アリーのこと

大分生えてきました

アリーの腰回りはだいぶ黒くなってきた。

e0099693_22121592.jpg


分かりずらいけど、徐々に生えてきてお肌部分は隠れているから、
ぱっと見は違和感なし。

e0099693_22134083.jpg


近くで見ちゃうと妙にそのあたりがへこんでいるから
変に見えるだろうけどね。

触るとさすがに体温をダイレクトに感じる。

寒い部屋に行ってて帰ってきたところを触ると冷たいし。

やっぱり毛皮は凄いのだね。


かさぶたもどきがあったところは、
今度こそほんとの小さいかさぶたがあるんだけど、
これもじきに取れるであろう。


明日シャンプーするしさ。



腰のところを写してて、ちょっと見ずらいから立ってください、アリーさん。。

とお願いしたけど拒否されたところ。 ↓

e0099693_22165478.jpg

(なんですかー?の図)

ごろごろし始め、
おなかをなでなでしてもらいたかったようだ。


e0099693_2218125.jpg


毛皮がわっさーってなってるから、なんだか分からなくなっている。
[PR]
by allie-hina | 2010-03-13 22:21 | アリーのこと

ようやく

アリーの背中に居座っていたかさぶたに見せかけた壊死した皮膚が消え去った。

行方は不明。。


先週の中ごろにはどこぞに行ってしまわれ、
あった場所はピンク色にちょっとモリっとしている。

まじめに消毒してお薬塗った甲斐があったよ。

e0099693_23302622.jpg

(きれいに撮れてませんが・・・)


先週末、今日こそ最後であろう!との意気込みで病院へ。

「先生、取れました!」と笑顔で報告すると、先生も笑顔であった(*^。^*)


いい感じではあるのだけれど、しかしですね、
この切ったとこの横の筋肉を少々切除したところがまだいくらかぼこっとしているので、
もうすこしお薬を飲みなさいと。

炎症剤のおかげで、
前は剣岳なみだったぼこぼこが、
いまでは美瑛の丘くらいになっている。


それをもうひといき頑張って、更になだらかにしたいという事だそうだ。
(例えはもう出てこず。。)

それであと1週間お薬で、さらに1週間様子を見て、
という事で2週間後に見せにおいでと言われている。


・・・・行かないかも。。。


e0099693_23363961.jpg

(なぜか姿勢を正してドアを見つめている。。。何かが見えているのだ、きっと。。)


2月は毎週病院であった。


あー、やっぱりアニコム入っておけば良かったなー!

とは、別段思わなかったけど、でもわんこ貯金は必要だねー。
[PR]
by allie-hina | 2010-03-09 23:40 | アリーのこと

まだまだ続く・・

土曜日、またまた病院へ行ってきたのだ。

抜糸が不完全だったので、最後のひと針分の糸を取ってもらうつもりで行ったのに・・・。


e0099693_21243570.jpg

(これは本日の画像)

かさぶたが全然取れないから取れてから行こうかなと思ったんだけど、

でもかさぶたの横も何だか少し堅くなっているので、

それも見てもらいついでにと4週連続病院へ。



先週は院長先生だったけど、この日は執刀医の副院長先生だった。


最初は先生もかさぶたと思って濡らして取ろうとしたんだけど、
どうやらかさぶたではないことが判明。

じゃあ何?


と言いますと、皮膚だって!


術後の傷口のところがどうかなって、そして巻いてたぐるぐるガーゼも絡まり、
皮膚が壊死してかさぶたみたいになってたらしい。


かさぶたならばもう取れててもおかしくないし。


で、大きいぶらぶらしてたのはハサミでちょん切って、
あと欠片を残すのみ。


これを綺麗に取るために、
・抗生剤・消炎剤・胃薬 とまた薬を処方されてしまった。


それに毎日2回消毒して軟膏を塗りたまえと。


そんでまた様子を見るために病院だよ。ぬおー(`´)




家から結構時間かかるから毎週はとてもキツイのだ。




ちなみに、少し堅くなってて盛り上がっているのは、
筋肉を少々切除しているので、そこが盛り上がってきたらしく、
逆に少しひっこんでるところもあり、
それぞれそのまま経過するらしい。



いや、残ってるとかじゃないからいいけども。。



アリーは毎週病院行って疲れるわ、
ぼんちゃんはお留守番だわ、早く落ち着かないかねー。
[PR]
by allie-hina | 2010-03-01 21:26 | アリーのこと

藤の花と筋肉痛

日曜日は前田森林公園へ。

目指すは藤棚よ!

e0099693_23282884.jpg


水曜日くらいにTVで紹介してた見頃だっていってたから、
日曜日では遅いかと心配しつつ。

でも今年も立派な藤棚を満喫できたのだ。


去年は6月の初めの週に見に行ってて凄いお見事だったのに、
今年はちょっと早かったのかもね。

e0099693_23301481.jpg


藤棚片側を一度歩いてから森林散策コースに入り、
折り返してから今度は藤棚1周コースを歩く。


香りもすごくて、あんなに藤の花は香るんだねー。


e0099693_23323538.jpg



もうおばちゃんだから、季節の花が気になる年頃だね。


で、帰り際ちょっとした事件が!


駐車場まであともう少しのところで、アリーが奇妙な行動を。

歩道の端っこをふんふん言いながら歩いていたら、
何かにびっくりしたらしい。

しっぽ巻いて飛び上がり、さらに端っこのノリ面際までふらふらと歩いて行くの。

下ってるから転げ落ちちゃうよ~!座りな~!と思いつつ、
なんとかこっちに誘導したんだけど、
まだふらふらしてる。

見たこと無いけどてんかんとかの発作なのでは?と一抹の不安がよぎり、
どした?どした?と問いかけると尻もち付いちゃって。

どうやらあまりにびっくりして腰抜かしたんじゃないかと思うんだ。


ほんとにびっくりしたし、血の気が引いた、私の。


アリーは歯茎みたらちょっと薄いかなくらいだったんだけど、
ぼんちゃんと比べてもそんなにひどくなかったから、まずは良しとして、
とりあえず家路を急ぐ。

体重10キロちょっとのアリーを抱っこして、200mくらい歩いて車へ。

何度も抱っこしなおして(重いから)車に到着して乗せると、
なんか、大丈夫になったみたい。

普通に立ったし、復活したらしい。


その後も家に帰っても元気なので、ほんとに腰抜かしただけかなーと思う。

でももう9歳だからねー、いろんなこと気をつけないとね。

まずは良かったよ。



それで、翌日左腕が筋肉痛になってしまったっていう話でした。
[PR]
by allie-hina | 2009-06-09 23:40 | アリーのこと