2015年 05月 16日 ( 1 )

脾臓摘出手術

病院へ連れて行ってエコーでおなかを見て、
すぐに手術と言われ、

それまでは手術の麻酔が怖いと思っていたけど、
もし目が覚めなかったら困ると思っていたけど、
あの時はそんなこと躊躇している場合ではなく、
すぐにお願いしますと言っていた。

丁度ほかの予約も入っていなかったので、
その日にしてもらった。




10時半くらいから預けて私は帰宅。
手術を始める前に電話が来る手はずになっていて、

11時40分ころ病院から電話。


これから準備して12時ころから開始と。


2時ころ無事終了したと連絡。
まだかな、まだかなと、まだ終わらないのかなと思って待っていたので、
とても長かった。


その後夕方に面会へ行くと、
まだすっかり麻酔が覚めたわけではなくぼーとしていた。
舌が収まりきらずちょっと出たままだった。

この日はそのまま入院。


生まれて初めての入院だから、どうかなーと心配しつつ、
なんとか耐え忍んだらしい。


翌日会社のお昼休みに再度面会へ行くと元気になっていた。
家に帰りたい帰りたいと落ち着かずに、
一度入っていたケージから脱走したらしい。

それまでおしっこも我慢していたみたいだけど、
このとき私のタオルケットを持って行って敷いてもらい、
そしたらそのあと大量にしたそう。


で、病院のスタッフさんがタオルケットを洗ってくれて、
逆に申し訳ないことをしてしまった。


手術の翌日には状態もよかったので夜には退院できた。

人間だったらこんなに早くないのに凄いなー。



おなかは黒い糸がいっぱいで、
一体何針縫ったのか数えなかったけど、
気にする様子もなく、エリザベスも必要なかった。

e0099693_12301873.jpg

手術のあと、こんな感じ。



しばらく化膿止めのお薬を飲み、
手術から4日後、4月9日に血液検査をしてみると数値は改善。

さらに1週間後の4月16日に抜糸。


おなかがつるつるになってしまったので、
昔アリーに作った服を着用。

最初は腹巻をしてたのだけど、
ずれて毛が絡まってしまい、
洋服のほうがよかったのだけど、本人はやはり邪魔くさかったらしい。
e0099693_12481220.jpg




ちなみに費用のこと。

・入院 3,000円
・手術料 60,000円
・静脈留置 1,500円 (腕の毛を剃って静脈に針を刺すことみたい(未確認))
・輸液料 2,500円*2 (何か点滴)
・輸血料 12,000円 (供血ドナーから血をもらい輸血)
・お薬(化膿止め) 50円*6
・CBC 1,800円*2 (血液検査 手術前後)
・生化学セット 2,000円 (血液検査 肝臓の数値などなど含む)
・凝固系3種 2,000円 (血液検査 PT・APTT・フィブリノゲン)
・生化学シングル 1,800(血液検査 肝臓の数値)
・エコー検査 3,000円
・外注病理検査 (摘出した脾臓を組織検査)


以上で 税込 110,376円 でした。


そのほか手術後の面会の時、
先生にお菓子を少し持って行った。
コンビニで買ったので、もうすこしちゃんとしたものの方がいいかとも思ったけど、
とりあえず甘いものを補給してもらおうとチョコとか。

それと供血してくれた子にジャーキーとクッキー、
飼い主さんにはロイズのお菓子をお礼に渡した。
[PR]
by allie-hina | 2015-05-16 12:53 | 血管肉腫