イギリスかぶれ

わたくしイギリスが好きで、
イギリスに生まれたかったとずっと思っていました。
(多分キャンディキャンディの影響と思われる。)


最近イギリスの住宅についての本を読んでいるんだけど、
やはり私は日本に生まれてきたのは間違っていたんだと確信しました。

理由は
・古くて趣のある、築100年以上でも現役の石の家が好き
・外で食事するとき、日本だと周りはうるさくて、それは落ちつかない。
・使えるものは型が古くてもなかなか捨てられない。

など、これはイギリス人の気質らしいのです。

家は買ったら自分でメンテナンスして、
家具もアンティークの気に入ったのを何年も掛けて探してとか、
いつか自分の家を持てたら、
そんな風にして居心地の良い家にしたいなと思います。


そして、イギリスでは夜家の中は暗いそうなのです。
なぜなら、夜は暗い。
本来人間もその暗い中で生活してきたのだから、
暗いほうが落ちつくのだ!という論理らしい。

で、かぶれている私はさっそくひとりキャンドルナイトです。

e0099693_22463344.jpg


晩御飯の後にキャンドルだけにしようと思ったんだけど、
家にはこの2つしかなくて暗すぎ、
アリーもひなも落ちつかないので、
仕方なくいつもの天井の蛍光灯を1本減らし、
気分だけ味わっています。。。


でも・・・かぶれているとはいえいかがと思うイギリスの習慣。

食器は洗剤で洗っても流さないらしい。。。

そしてお風呂に体を洗っても同じらしい。。。

それはいかがなものかと。。
[PR]
by allie-hina | 2007-08-25 22:49 | 日々のこと
<< きっとみんな同じはず アリーの分け目 >>