ハードディスク瀕死の重傷

先月末からうちのDELLちゃんが起動しなくなった。

電源を入れても自力で立ち上がることができず、
スタートアップ修復を試みるもむなしく電源が落ちるという。。。


少しばかりのデータをどうにかしたかったので、
修理を頼むことにしたのだけど、
いつも何でも調べていたネットが使えないとなるととても困った。


世の中の大半の人々はスマートフォンでちゃちゃっと調べるのだろうけど、
私はいまだガラケー。

いつもはこれで十二分なのだけど、今回は困った。


ので10年前にもらっていたタウンページをめくることに。

そこに載っているところに電話して、
今も繋がるのならば大丈夫なところだろうと思い。



で、結局来てもらってハードディスクを新品に取り換え、
データは生きてたから乗せ換えてもらって、
全部で35,160円だった。


カードで支払ったよ。





せっかくちょっとお金をよっこしておいたのがこれで飛んでしまう。

この新たなハードディスクもそう長くはもつまい。


来年新しいの買おうかなと思うので、
これからがんばって貯金しなくては。


ちなみにハードディスクがいかれているのかどうか、
テストを実行してからDELLに電話したのだけど、
出たのは中国か台湾の人だった。

2回電話したのに2回ともそうだった。


電話で対応できるの凄いね。
[PR]
by allie-hina | 2014-10-22 22:05 | 日々のこと
<< 旭山記念公園 新規開拓の公園 >>