ひなちゃん病院 6月18日

心臓のお薬を飲む頃からまあ呼吸は荒かったのだけど、
ここ3日ほどそれが酷い様な気がして、
なおかつ何となく元気がない様な気がして、
水曜日に病院へ行ってきた。


お腹を触った感じでは膨れてはいないのだけど、
肺に水がたまってたら大変だし、
寝起きの時だけなのか、
歯茎の色が薄いこともあるので、
心臓の音を聞いてもらおうと思って。



いつもの先生はお休みだったので院長先生だった。

心臓の音は心不全の子のそれなりなのだけど、
やはり呼吸は早いから、
はて、何だろう?と。


熱もない、どこか関節とか痛いわけでもない、室温が高いわけでもない。


分からないので、
心臓から病気の酵素?が出ていないかどうかの検査をすることに。

これはめったにやらないらしく、
東京へ送って鑑定するんだって。

取った血を冷凍保存で航空便で発送。
3日くらいで結果が出る予定。



これでもし良くない結果が出たら大学病院で精密検査をしてもらう。



この日は心臓のサプリみたいなお薬をだしてもらい、
そしてオゾンをお尻から注入した。


このオゾンというのが太っい注射に気体が入っていて、
それをお尻からゆっくり体に送り込むの。

抗酸化作用って言ったと思うけど、
いろいろと体にいいらしい。


どうも試験的に始めてるみたいなことを言っていてタダだった。




オゾンのお蔭かサプリのお蔭か、
この日の夜は前日よりはちょっと調子が良かった。



ほんとは体じゃなくて精神的なものかもしれないなと思いつつ、
まず検査結果待ちなのです。
[PR]
by allie-hina | 2014-06-19 21:04 | ひなのこと
<< 徐々に近づく お腹のよごれ >>