巨大犬に遭遇

日曜日、珍しく大きな公園まで行ってみた。

いつもはあまり人がいないところなので、
そのつもりで行ったのだけど、
以外にも陸上大会かなんかやってて人がたくさんいて期待外れ。

でも人口密度の少ない所を選んでひなちゃんと散歩。

ひなちゃん、久しぶりの場所なので匂い検査に忙しく、
まずまず楽しそうに歩いていた。


と、遠くに年配と思われるご夫婦と大きな犬を発見。

あれはレオンベルガーではと思われ、
ひなちゃんビビるからと近づかないように気を付けていたのに、
向こうから接近してきた。

私らの後ろまで迫ってきて、
距離は保ちたかったのだけど、
こちらはペースが遅いのでとうとう追いつかれ、


ご主人の方が単独で話しかけてきたので対応。
少々お話をしていると、
後ろにいたレオンベルガーを奥様が放したの!


喜び勇んでひなちゃん目掛けて走ってくるから、
もうぱにくってご主人の周りをぐるぐる回って逃げるんだけど、
やつはなかなか諦めずに追いかける。


その時のリードが伸びる奴だったから、
ご主人倒れずに済んだけど、
あれ、普通の短いリードだったら転倒してたよね。


全然レオンベルガーちゃんの好きにさせて、
こっちはビビって逃げてるのに放置で、
ちょっとイラッとしてすみませんけどって言ってもなんだか気にせず、
巨大犬を飼ってる人としては心遣いがないよね。


やっと落ち着いて取り押さえられたのだけど、
ひなちゃんは尻尾が完全に格納されていた。

びっくりしたよね、かわいそうに。



その後また少しお話したのだけど、
48キロもあるんだって!

病気になったときとか大変だろうなと思ったけど、
前はグレートピレニーズを飼っていたそうで、
大型犬がお好きなご夫婦だった。


夏は暑いから大変ですねーなんて話したのだけど、
ひなちゃんの色がらには特に話は及ばず、
いつも大体珍しい色だねなんて言われるんだけどね。


それにしても巨大犬に軽く襲われた感じで、
大分焦って怖かったひなちゃんなのでした。
[PR]
by allie-hina | 2014-06-06 11:59 | ひなのこと
<< 牛のいる大学で ひなちゃんどきどき >>