7週間

今日はアリーの四十九日。

あれから7週間もたった。

むちむちのおしりをもみもみしたり、
つやつやのお毛毛を撫でまわしたり、
小さな手を握ったり、
立派な胸毛に埋もれたり、
可愛いお顔を眺めたり、

そんなことが出来なくなってもう7週間。



まだ、もしかしてこれは夢かもと思う。
意識を集中すればアリーが居た時に戻れるのじゃないかと思う。

昨日お風呂に入っていたら、
意識が飛んだのか、
凄く長い時間が経ったような気がして、
何か不思議なことが起こったのかなと思った。

だからもしかしてと思って家中アリーを探してみた。
居なかったけど。



家のあちこちにアリーの面影はあるのだけど、
実際、本当のアリーは居なくて、
写真の姿ばかりを毎日見るので、
写真の姿しか思い出せなくなりそうな気がしている。

もっと時間が経ったら忘れてしまいそうで、罪悪感と不安を感じる。


ソファの肘かけに顎を乗せてこっち見てたり、
お風呂場のドアを開けてこっちにくる姿とか、
閉めるドアに挟まれそうで急いですり抜けようとしてたり、
ご飯の時のハイスピード回転とか、

外から帰った時に見えるドアの隙間の鼻先、
トイレに入ってたら一緒に入ってきて丸まってたり、
ソファの下に顔を隠して寝ている姿、
パソコンしてると机の下で寝てる姿、
ソファに座っているとわざわざ端から端へ人をまたいで横断したり。



夜寝る時は毎日思い出す。

アリーのお尻をしばらくぐりぐりやったあとは、
掛け布団を掛けるのを妨害し、
そして私の足元まで移動する。

そして丸くなって黒い塊になる。


今はその姿も重みもない。


e0099693_2162267.jpg

(2000年のおそらく10月頃。5ヶ月くらい。)




アリーは4カ月でうちの子になったので、
ほんとの子犬の時の姿は見たことがない。


可愛かっただろうなー。

4か月からでも13歳でも、
アリーは世界で一番可愛いけどね。


昔の写真を見てるとやっぱり楽しかったなーと思う。

色んなところ行ってみたし、色んな人に会えたし、
一緒だったから楽しかった。




e0099693_2116635.jpg



四十九日を過ぎたらあまりしくしく泣いてはいけないらしい。

あまりいつまでも泣いていると、
虹の橋の雨降り地区で雨に当たってしまうらしい。

だからもうあまり泣いてはいけないのだけど、
でもやっぱり写真を見てると悲しくなる。



もう13歳でおばあちゃんなのにあまりおばあちゃんとして扱わなかった。
だからたくさん無理させてしまった。

お散歩で歩かないのに怒ったり、
ソファになかなか乗らないのを怒ったり、
家のどこでもくっついてくるのを怒ったり、
たくさん怒って悲しい思いをさせてしまった。


アリーの老化に付いて行ってあげなかった。

病気のことももっと気を付けていれば、
毎日気にしていればよかったのに。



アリーは私の為に生れてきたのに、
それなのにダメな飼い主でほんとにごめんね。




一年前からやり直したらもっと長生きしてくれたかな。
いまはもうどうにもならないのに、謝ることばかりだ。






こんなバカな飼い主だったのに、
アリーはほんとにいい子だった。


最後までもういいですなんて言わずに頑張った。
強い子だった。
ずっとずっと私を見ていてくれた。

この世で一番可愛くて大切な私のアリーちゃん。


いろんなことありがとう。
私のところに来てくれて本当にありがとう。




今日は新しいお花とわんこケーキを買ってきた。
そしてお線香はないのでアロマキャンドルを炊いている。
[PR]
by allie-hina | 2014-04-05 21:59 | アリーのこと
<< 健康診断2014春 ボーイフレンド2号 >>