アリーの病気のこと

アリーは結局、血管肉腫だったのだけど、
早期発見のお役にたてればいいと思い書いてみます。


2013年6月29日 健康診断

血液検査と心電図とレントゲン

 ALP 348 (正常値 <193)
 BUN 47.0 (正常値6~33)
 中性脂肪 271.0 (正常値20~150)

この時のレントゲンで心臓が少し大きくなっていたのが分かった。

「僧帽弁閉鎖不全の疑い」


心臓のお薬を飲み始めてもいいけれど、と言われたけど、
まだ様子を見ることにした。


2013年7月15日 再検査

 ALP 153
 BUN 35

ALPが下がっている。

確か心臓用のフードに切り替えると良いと言われ、
リンとナトリウムの少ないフードを混ぜ始めた。

まだ肝臓はあまり注目されていない。


2013年11月30日 健康診断

前日からうんちが少しゆるい。

 ALP 403
 BUN 40


ALPの数値が高いのだけど、
前回の健康診断とほぼ変わらないので3ヶ月後に再検査に来なさい
と結果報告書に書いている。


しかしここですぐに再検査へ行って、
エコーで見てもらえば違ったかもしれない。


2013年12月3日

うんちがゆるかったり下痢気味だったので病院へ。

この時は血は取られず、
診察の結果食べ物のせいでは?と。

ごはんを残したりしてたので。




2013年12月21日

日記によると、
アリーが甘えてきてうるさかった。
お散歩もほとんど歩かない。

この時もう具合が悪かったのだ。

どうして病院へ行かなかったのだろう。



2014年1月

カリカリフードを食べきれず、
ふやかすと食べたりでも残したり。


食べなかったフードをふやかしてあげると食べたり。

おやつは喜んで食べた。

ぐったりした感じはなく、
でもこの頃体の横に出来モノが出来ていた記憶。

また脂肪腫かなと思って確認しなかった。


確認してたら違うものだって分かったと思う。


歯茎の色を確認したり、
体中を触ってみたりしていなかった。

2014年1月21日

どうにも具合が悪そうなので病院へ。

貧血がひどく点滴。

 ALP 474

2014年2月2日

 ALP 1429

2014年2月3日

この日多分腫瘍が破裂したのだと思う。

滑って腹這いになって長い間そのままで、
寒い部屋に居たから良くなかった。


心細くて悲しくて辛かっただろうに、
この日家に居ればよかったのに、そうしなかった。

病院へ行ったけど心配は足だったので血液検査はしなかった。
前日に血液検査をしていたので。


夜はずっと具合が悪そうで息も荒かった。


2014年2月4日

極度の貧血。

 血小板 0.2 (正常値 10~51万)

DIC(播種性血管内凝固症候群)の診断

血管の中に血栓が出来て多臓器不全が起こるというもの。

検査用に血を抜いても血がなかなか止まらない。

ひなの健康な血を貰い、元気な血小板をもらう。



後で言われたけど、
この時亡くなっていてもおかしくなかったらしい。


翌日院長先生に見てもらって血管肉腫であることが分かった。




血管肉腫は腫瘍が破裂して貧血になり、
それで分かる例とかが多いらしい。

脾臓に出来るのが多いらしいけど、
血管が多く集まる臓器に出来る。

皮膚に出来る場合は切除も可能だけど、
予後もあまり良くないらしいが、
1年くらい過ごせる子もいる。

でも皮膚に出来るのでなければ外的手術は無理というか、
取りきれるものではない。

そして病名が付いて余命1カ月とか3カ月とか。


アリーもみんな肝臓だと思っていた。


1月21日にエコーで見た時は肝臓の半分は大丈夫で、
脾臓は問題なかった。

でも2月4日のエコーでは肝臓のほとんどがぼこぼこしてて、
脾臓も少しぼこぼこしてた。


肝臓のお薬飲んでても凄い早さで進んだ。



犬の1カ月は人間の3カ月って先生が言っていたと思う。

アリーは13歳だし、
何でも疑ってきちんと検査していれば、
もっと早くにお薬とかフードとか、
苦しまなくても良かったのにと思う。

何度も何度も病院へ行くべき理由はあったのに、
なかなか行かなかったから、
アリーを苦しめてしまった。



これを読んでいただいた方は、
ちょっと変かなと思ったらすぐに病院へ行って、
エコーとかしっかり検査をしてもらえればなと思います。
[PR]
by allie-hina | 2014-02-26 22:18 | 血管肉腫
<< 夢を見た 小さくなってしまった。 >>