アリーの健康診断 2013春

6月末のこと。

アリーの健康診断へ行ってきた。
もうお歳なのでオプションの心臓の検査も合わせて受診。

何ともなければいいなと思いつつも、
今年で13歳ですから何かしら出てくるのかしらと心配しつつ待っていると、

その日は心電図とレントゲンの結果はすぐ分かるので、
診察室の更に奥の部屋で教えてくれた。

最初、呼吸は乱れたりしていないか、お水をたくさん飲んでいないか、
お散歩を嫌がったりしないかなど聞かれた。

これは・・心臓に何か問題があるのだな。とちょっと覚悟した。


e0099693_236362.jpg


心拍の間隔が不揃いなのです。


この波が一定の幅で続いて行かないといけないんだけど、
狭い所と広い所がある。

そしてレントゲン写真を見せられたのだけど、
心臓がちょっと大きくなっているそう。


肋骨何本分かで標準とするところ、
その標準よりも若干大きいそうなのよ。


僧帽弁閉鎖不全の疑いということになるらしい。

左心室と左心室の間の弁(逆流を防ぐ)が上手く閉じず、
動脈に血液を送り出すのに余計に心臓が頑張らないといけないので、
心臓の外側に筋肉が付いて厚くなり、
結果心臓自体のサイズが大きくなるというものらしい。
(筋肉がつくのは嘘かも。心筋が厚くなる。かな)


これはもう良くはならないしく、
お薬で悪くなるのを遅らせる。という方法になる。


しかし、アリーの場合は心臓の音も雑音は無く、
お水をがぶがぶ飲むこともなく、
お散歩嫌いは小さい頃からなので判断材料にはちょっと微妙。


もうお薬飲み始めてもいいけど、
どうしましょう?ということだった。


その日の他の検査結果が10日後に分かるので、
お薬始めるかどうかはそれが分かってから考えようということにした。

その後ネットでいろいろと見てみた結果、
お薬始めるのは早いほうがいいのかもしれないかと思いつつ、
しかしこの先ずっと飲み続けるのも何だか嫌で、
何となく決め切れずにいた。。。


で、結果が送られてくるのを待つことに。
[PR]
by allie-hina | 2013-07-26 23:30 | アリーのこと
<< モテるぼぼちゃん アボカドを割る >>