「下駄で歩いた巴里」

林芙美子の紀行集です。立松和平編。

森光子さんのでんぐり返しで有名な「放浪記」を書いた作家さん。

「放浪記」が一体どんなお話なのか全く知らないのですが、
これを25歳の時に書いたようです。

そしてのちベストセラー。


下駄で巴里を歩いたのはその後28歳の時です。

読み始めた時は、「放浪記」で一発あてたので豪遊に出たのかと思ったけれど、
そういうわけでもないらしい。

この人はとにかく旅が好きな人だそうです。

しかし、28歳でひとりでシベリア鉄道でロシアを横断して
ヨーロッパへ行ってしまうなんて、とんでもない人です。それも下駄で。


言葉はどうしたのだろう??と真っ先に疑問に思ったけど、
フランス語は行く前に習ったみたい。

「ごキゲンいかがですか?」の「ごキゲン」と話している間に
「サバ・ビアン」とやられてしまう・・・

ここは想像するととても面白かった。

昔のパリの様子も面白いのだけど、
昭和一桁の時代なのでお金の単位が
「朝のカフェ、ブドウ入りのパン付きで50サンチーム(4銭)」とかなので、
全然想像が出来ない。

文章も昔なのですんなり読めないところもあるのだけど、
逆に昔ゆえに、品のあるおばあさんが使う言葉づかいみないな文章なので、
とても素敵です。

私もこういう言葉遣いの出来るおばあさんになりたい。


そして旅をたくさんしたいな。
[PR]
by allie-hina | 2012-03-01 21:43 | 本のこと
<< アリーのお散歩嫌いがまたまた 神戸のお土産 >>