アリー無事帰還

昨日金曜日 アリーの「体表腫瘤切除&歯石除去」手術だった。

結果、無事生還!

良かったよー(^^)v


前日まで麻酔で死んじゃったらどうしよ・・って心配してたんだけど、
麻酔掛けても心拍数安定してたし、無事終わりました。


さて、当日は思いのほか時間が掛りまして、
手術自体は2時間ほど掛ったの。

以下スケジュール。

午後12時15分頃 病院到着

午後12時半、先生からこれからの予定の説明。

午後12時50分 皮下注射2本 (鎮痛・鎮静)

午後12時56分 少し吐く。(注射のせい) でも昨夜から何も食べてないので泡のみ。

午後1時5分 先生に連れて行かれる。

・・・一度戻ってくる。右手に点滴用の管を入れられテープで巻かれている。

午後1時20分ころ 今度はほんとに本番で先生に連れて行かれる。

・・・麻酔。。。

午後1時40分 麻酔も安定しているので開始(と先生が教えてくれた。)



・・・それから2時間。

午後3時過ぎから診察室から鳴き声が聞こえる。

もうひとり手術してる子がいたのできっとその子だ、アリーじゃないだろ。。。

と思っていたらアリーだった。。(T_T)   心配。。




呼ばれてアリーに会うと軽くパニック状態。

先生に抱っこされてたけどヒンヒン泣いてて可哀そうだった。


実は右下の一番奥歯もグラグラしてたので抜いたのだ。

それで痛かったのかも。。。


爪も言ってないのに切られて更に血管も切られてたし(怒)


その後アリーは入院室で様子見。

私は先生に話を聞いて、モノも見てきた。


毛を剃って皮膚を切開して脂肪にあった瘤を取っても、
更に下に瘤が感じられたんだけど、
皮膚→脂肪→筋肉→腰の筋肉とある、筋肉と筋肉の間にもっと大きいのがあったのだ。


取ったの見る?? 血が駄目な人は見ちゃだめだよ!!
ちょっと気持ち悪いからね!









鳥皮のようなぷよぷよ感。


e0099693_23272414.jpg


写真撮ってもいいですか?って先生に聞いたら、
わざわざ物差し持ってきてくれた。

左側の大きめのが奥にあったやつ。
右側は皮膚のすぐ下にあったやつ。


左のはほんとはこんなに真っ赤じゃないんだけど。


これを病理検査に出すんだけど、たぶん脂肪種でしょうって言われるでしょうって。



これほど大きいとは先生も思ってなかったし、私も思ってなかったし。

やっぱり取って良かったのだ。



やっぱり手術辞めようかなって思ったりしてたんだけど、

術後もアリーはひどく具合が悪そうとかはないので良かった。


長くなったので術後とか費用とかはまた別途。
[PR]
by allie-hina | 2010-02-06 23:35 | アリーとひな
<< 手術後 伸びないと・・・ >>